スカイプ家庭教師の多くは|家庭教師 スカイプガイド

スカイプ家庭教師の多くは

副業

スカイプ家庭教師の多くは、副業でやっています。
学生時代、派遣型家庭教師や塾の講師をやっていた人が多いのですが、仕事終わりや休日を使ってスカイプ家庭教師をしています。
スカイプ家庭教師とは、特にどこに許可がいるわけでもなく、資格も何もいらないので、個人で始められるので、副業としてやっている人がたくさんいます。
ただ生徒が増えると、各生徒の授業時間が減るか、時間がなく授業ができなくなる生徒も出てくるかもしれないので、あくまでも副業として、自分ができる範囲でやった方がいいでしょう。
特別に揃えなくてはいけないものは、家庭教師と生徒ともにWEBカメラ、ヘッドマイクと授業に使うペンタブレットぐらいでしょう。
スカイプ家庭教師によっては、これらのものを月額で借出しをしているところもあります。

コミュニケーションを大事に

スカイプ家庭教師の多くは、コミュニケーションを大事にしています。
従来の家庭教師はお宅に訪問して、生徒に直接指導することにより、生徒との信頼関係を築いていきます。
これに対して、スカイプ家庭教師は、直接会って指導という形は取りませんが、スカイプを通して生徒とコミュニケーションをたくさん取り、信頼関係を築いていくように努力している人が多いです。
直接会わずに、スカイプを通しているからといって、勉強だけを教えるだけでは、人間同士の触れ合いはないに等しいのです。
スカイプ上ではありますが、せっかく出会っているので、この縁を大事にするのが、スカイプ家庭教師の多くのモットーなのです。


このページの先頭に戻る